IAPCOの2018年開催地に東京が決定 MICE誘致に追い風か

会議運営会社(PCO)の質の向上を目指す国際組織、IAPCO(国際PCO)は南アフリカ共和国で開催された年次総会において、2018年の年次総会開催地に東京を選出決定した。候補地には日本(東京)に加え、スイス(バーゼル)とオランダ(ハーグ)が立候補していた。2018年の年次総会には世界30カ国、約120名の参加者が集う予定(日本人含む)。

IAPCO (The International Association of Professional Congress Organisers)は世界で41カ国、120社の会議運営会社が加盟している国際組織。IAPCOの加盟メンバーは世界各地で開かれるMICEの開催都市決定に大きな決定権を持つとされている。故に、今後の日本におけるMICE開催地としての魅力をアピールするには絶好の機会になりそうだ。

尚、日本において同年次総会が開催されるのは1993年(千葉)以来2度目。アジアでの開催は1996年のインドネシア(バリ)以来となる。今回の決定に向けては、IAPCOのメンバー企業である株式会社コングレ、日本コンベンションサービス株式会社、及び株式会社コンベンションリンケージが共同で準備にあたる一方、日本政府観光局、観光庁、東京観光財団、大阪観光局等も誘致に協力していた。IAPCOロゴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. jnto_logo
  2. japanweeklogo
  3. 鉄道4社局ロゴ
  4. jnto_logo
  5. 成田国際空港ロゴ
  6. 不二家ロゴ
  7. 西日本鉄道ロゴ
  8. ローソンロゴ
  9. 東武鉄道 ロゴ
  10. デュアルハンコ
インバウンドビジネス総合展
インバウンド動画

注目記事

  1. jnto_logo
  2. 鉄道4社局ロゴ
  3. jnto_logo
  4. ソニーペイメントサービスサムネイル

2015年の市場まとめ

  1. airplane (2)

    2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る