インバウンド向け観光振興事業の二次募集を開始 観光庁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

観光庁は5月10日、観光振興事業(観光地の「まちあるき」の満足度向上整備支援事業)の二次募集を開始することを発表した。

本事業は外国人を含む観光客が安全かつ快適に街歩きを楽しめるよう、多言語案内標識や無料Wi-Fiエリアの設置、飲食店や小売店におけるキャッシュレス決済対応、観光案内所や道の駅の機能強化など、インバウンド対応を進める観光地を対象としている。観光庁認定の「旅行環境まるごと整備計画」に基づき、訪日外国人旅行者にとってニーズが高い取り組みを進める事業者を集中的に支援していく。

観光庁プレスリリースより引用

補助を希望する市区町村やDMOは観光庁に整備計画書を提出することができ、申請が承認されれば街の整備にかかる経費の2分の1以内で補助金が交付される。

観光庁は本事業を通じて、日本のさらなる観光先進国化を目指す。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る