2015年「日本で開催された国際会議の開催件数」を発表 JNTO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本政府観光局は30日、2015年の日本における国際会議開催件数が前年比9.9%増の2,847件になったと発表した。
mice-in-japan-2006-2015

今回の統計はJNTOが全国のコンベンション協会等から情報をとりまとめるかたちで集計された。都市別の開催件数では1位が東京23区で、2位福岡市、3位仙台市と続いた。仙台市は「第3回国連防災世界会議」関連の会議が多数開催されたことで前年比141件もの増加となった。

mice-ranking-in-japan-2015

会議の数自体は増加したものの、これら会議への参加者総数は11.5%減の176.7万人となり、外国人の参加者も2.1%減の17.5万人となった。これは規模が大きい医学系等の会議が減ったことによる参加人数低下とみられている。

micea-attendee-in-japan-2006-2015

JNTOでは今後も大都市や地方都市との連携を強化し、日本再興戦略で掲げられている「2030年にはアジアNo.1の国際会議開催国として不動の地位を築く」という目標に向けて邁進していく。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る