【速報】インバウンド市場統計値 2018年訪日外客数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本政府観光局(JNTO)は1月16日、2018年12月分および2018年を通じての訪日外客数(推計値)を発表した。

JNTO(日本政府観光局)

2018年12月の訪日外客数は263.2万人(前年同月比+4.4%)。この数値は昨年12月に記録した訪日外客数252.1万人を上回り、12月としては過去最高である。
また、まだ推計値であるものの各月のデータが出揃ったことで2018年全体の訪日外客数も報告された。2018年訪日外客数の合計は3,119万人と前年よりも約250万人増加し(前年比+8.7%)初めて3,000万の大台を突破したこともあって大きなニュースとなった。

各月の訪日外客数の数を見ると1月から6月まではかなり高水準で推移しており、とくに4月は単月としては過去最高の290.1万の観光客が訪れるなど活況を呈した。その後8月に西日本を襲った台風、9月の胆振東部地震の影響で夏から秋にかけて失速するも、復興に向けた取り組みや正しい情報の発信を通じて観光需要も回復。結果として香港以外の19の市場(中国、韓国、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で過去最高を訪日外客数を記録するなど、インバウンド業界のさらなる盛り上がりを感じる1年となった。

データ:日本政府観光局(JNTO) グラフ:インバウンドナビ

次回の訪日外客数の発表は2月20日(水)の予定。2019年も引き続き訪日観光客の動向を見守り続けたい。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る