株式会社RJCリサーチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川田 隆太)と株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石川 豊)は、2社共同で「インバウンドレポート2016」(2016年1-12月)を発行した

<p><img src="https://inboundnavi.jp/wp-content/uploads/2017/02/img_122191_2-922x1024.jpg" alt="2016年訪日観光客SNS投稿ランキング発表" width="922" height="1024" class="alignnone size-large wp-image-11112" /></p>

同レポートは、ナイトレイが提供する訪日外国人のSNS解析ツールによって解析したデータをもとに、RJCリサーチが訪日外国人の口コミ発信地点情報を中心に集計・分析を行い、訪日観光の動向を調査した。

今回は2016年の年間レポート(2016年1-12月)として、訪日外国人観光客が微博(ウェイボー)やTwitter等で日本国内滞在中に発信した投稿のうち、約92万件のSNS解析結果データを集計対象とした。

投稿の発信地点となった全国の観光スポットの総合ランキングは下記の通り。

総合ランキング USJと東京ディズニーランドが上位

年間のSNS投稿量が最も多かった場所第1位は「USJ」、第2位「東京ディズニーランド」、第3位「富士山」だった。
USJと東京ディズニーランドは、季節変動が小さくオールシーズン型であることや、テーマパークであることが投稿の年間総量を押し上げたと分析されている。

2016年訪日観光客SNS投稿ランキング発表

プレスリリースより

総合ランキングの1位から50位を、都道府県別で解析すると東京都内(25地点)での発信が最も多かった。スポット分類別では、歴史的建造物やランドマークを見ることを主に楽しむ<見物スポット>(16地点)が最も多かった。

また部門別の上位ランキングは下記の通り。

見物スポット部門

第1位「東京タワー」(東京都港区)
第2位「大阪城」(大阪府大阪市中央区)
第3位「浅草寺」(東京都台東区)
第4位「東京スカイツリー」(東京都墨田区)
第5位「伏見稲荷神社」(京都府京都市伏見区)
※「見物スポット」…歴史的建造物やランドマークを「見る」ことを主に楽しむ観光スポット

グルメスポット部門

第1位「築地市場」(東京都中央区)
第2位「かに道楽 」(大阪府大阪市中央区)
第3位「一蘭」(大阪府大阪市中央区ほか)
第4位「横浜中華街」(神奈川県横浜市中区)
第5位「黒門市場」(大阪府大阪市中央区)
※「グルメスポット」…飲食メニューや生鮮品などを「食べる」ことを主に楽しむ観光スポット

ショッピングスポット部門

第1位「六本木ヒルズ」(東京都港区)
第2位「ダイバーシティ東京プラザ」(東京都江東区)
第3位「サンシャインシティ」(東京都豊島区)
第4位「渋谷センター街」(東京都渋谷区)
第5位「心斎橋筋」(大阪府大阪市中央区)
※「ショッピングスポット」…商業施設やストリートで商品を「買う」ことを主に楽しむ観光スポット

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. 大分ケーブルテレコム調印式サムネ
  2. ペコポコキティコラボ
  3. jnto_logo
  4. 宮城県南DMO
  5. jnto_logo
  6. 99+1イメージ
  7. SAKURA COLLECTION
  8. 訪日客需要見込むガシャポン公式店 東京駅地下にて開店
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. jnto_logo
  2. 東武百貨店 首都圏最大級の工芸品展開催 訪日客も集客
  3. 観光庁 ロゴ
  4. jnto_logo

2015年の市場まとめ

  1. 2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る