駅ナカのコンビニにてクレジットカード決済の取扱を拡大 京阪ザ・ストア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社京阪ザ・ストア(本社:大阪府大阪市中央区、社長:小西敦夫)は、三菱UFJニコス株式会社、株式会社ジェーシービー、三井住友カード株式会社、トヨタファイナンス株式会社と連携し、4月1日(金)より駅構内のコンビニエンスストア「アンスリー」においてクレジットカード決済の取り扱いを拡大する。

アンスリーは京阪電気鉄道株式会社の駅構内を中心に展開するコンビニエンスストアで、京阪、南海の2つの電鉄グループが共同で店舗展開を行っている。現在、62店舗を展開中だが、これまでは各種電子マネー、および京阪グループのクレジットカード「e-kenetカード」のみの取り扱いだった。

今回はインバウンド市場として特に盛り上がっている地域の一つである関西圏において、訪日外国人の利便性向上も見据え、クレジットカード決済の取り扱い拡大を決めた。これにより、利用者はVisa、MasterCardといった主要な国際ブランドカードを利用することが可能になる。

クレジットカード一覧

プレスリリースより

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. インバウンドジャパンロゴ
  2. ABCチェックイン説明
  3. インバウンドジャパンロゴ
  4. 住友不動産
  5. 和傘のイメージ
  6. セントレアモバイル決済サービスの様子
  7. 目覚まし画像
  8. onlylady
  9. 調印式の様子近鉄・台鉄
  10. 路線図イメージ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. インバウンドジャパンロゴ
  2. 和傘のイメージ
  3. セントレアモバイル決済サービスの様子
  4. 路線図イメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る