訪日客への対応力強化にAIを用いた実証実験を実施 凸版印刷・東武鉄道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)と東武鉄道株式会社(本社:東京都墨田区、取締役社長:根津嘉澄)は21日、AIを活用したインバウンド向け観光案内サービスの実証実験を実施することを発表した。

今回発表された実証実験は、東武鉄道で2017年7月25日から8月24日まで、東武鉄道浅草駅の「東武ツーリストインフォメーションセンター浅草」で行われる予定。この実証実験では、凸版印刷が新たに提供を開始したソリューション「AIコミュニケータ」の一つである「AI-SAMURAI」を用いて実施される。

この実証実験は、増加するインバウンドへ多言語対応を行ったり、将来的な案内業務の効率化・情報提供の最適化を検証するために、インバウンドも多く訪れる浅草で東武鉄道と凸版印刷が共同で実施する。期間中は、駅構内に設置されているサムライの格好をしたマネキンが利用者の質問に応じて、浅草駅構内や周辺の観光情報、夏のキャンペーン情報などを音声とモニタにより日本語と英語で紹介する。

AI-SAMURAIイメージ

プレスリリースより

凸版印刷と東武鉄道は今後、AIを活用した新たな観光サービスや、5G(第5世代移動通信方式)など、次世代技術の活用を想定した将来におけるさまざまなシーンでの案内支援・サービス向上に向けた取り組みを行っていく。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る