訪日中国人向けモバイル決済の導入を開始 セントレア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中部国際空港株式会社(本店:愛知県常滑市、代表取締役社長:友添雅直)は11日、中国人向けモバイル決済を一部店舗で導入することを発表した。

今回導入する2サービス

プレスリリースより

今回発表されたのは、中国人向けモバイル決済サービス「アリペイ」及び「We Chat Pay」のセントレア施設内一部店舗への導入。中部国際空港によると、2016年度にセントレアを利用した中国人旅客は前年度比112%の103万人だという。中部国際空港では、これまでも訪日中国人の利便性向上を図るため「We Chat」のシェイク機能を活用した情報提供などの取り組みを行ってきた。今回の導入により、訪日中国人利用客が自国と同じように決済できる環境が整備され、訪日中国人利用客の利便性がさらに高まることが期待される。

セントレアモバイル決済サービスの様子

プレスリリースより

今回、「アリペイ」と「We Chat Pay」が導入されるのは、国際線出発制限エリア免税店の「酒・たばこ店」および、おかしや雑貨を販売する「CENTRAIR PLAZA」の2店舗と、旅客ターミナルビル4階の「ユニクロ 中部国際空港店」の計3店舗。尚、同サービスは2017年7月11日より取扱が開始されている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る