大丸松坂屋が「WeChat Payment」を導入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  JFRlogo大丸松坂屋百貨店は中国最大のSNSである「WeChat(微信)」が展開する決済サービスの導入を決めた。これは百貨店においては国内初の取組になる。 9月30日より大丸6店舗(心斎橋、梅田、京都、神戸、東京、札幌)、松坂屋2店舗(名古屋、上野)のインバウンド顧客が多い地域から導入を開始し、順次拡大していく。 利用客のメリットとしては決済手法の多様化や、決済時間の短縮があげられる(以下図参照)。 一方、導入する百貨店側も、買い物客と当SNSを通じた交流も可能になることから、買い物客のファン化・リピーター化を狙うことができる。 以下は当社プレスリリースに掲載された決済時イメージ。 WeChat Payment flow 今後、他の百貨店からの同様の動きが出てくるか注目される。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る