JNTOが地震情報に関する問い合わせに24時間対応

日本政府観光局(JNTO)は14日に熊本地方で発生した地震に関する主要な情報をWEB、電話、アプリを活用して訪日外国人旅行者に向けて公開している。

WEBサイト

JNTOの情報発信の要になっているのは、JNTOのグローバルサイト。当サイトにおいて主要な地震発生情報、空港・鉄道・高速鉄道・ジェットフェリーなどの交通インフラにおける現状や運行情報、更には観光施設の閉館情報などを英語にて発信している。

ウェブサイトはこちら

電話対応

また、JNTOが運用する東京・有楽町のツーリストインフォメーションセンターにおいては9時から17時の日中は、英語、中国語、韓国語、日本語の4か国語における電話対応を実施。17時から翌日の9時の深夜帯には英語と日本語による対応を実施。拡大を続けるインバウンド市場において、日本を旅行中の外国人観光客の不安に1件ずつ、24時間対応する体制をとっている。尚、当問い合わせ窓口では今回の震災に関すること以外の一般的な訪日旅行に関する問い合わせにも対応する。

アプリ

更に、訪日外国人旅行者に向けたアプリ「Safety tips」はいわゆる「プッシュ型」のアプリとなっており、緊急地震速報が配信される。日本語、英語、中国語繁体字、中国語簡体字、韓国語の5か国語に対応し、避難行動や気象警報などの解説、更には災害時のコミュニケーションカード等の情報も入手することができる。当アプリはJNTOのグローバルサイトよりダウンロードが可能となっている。

safetytipsイメージ図

Safty tips スクリーンショット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. jnto_logo
  2. japanweeklogo
  3. 鉄道4社局ロゴ
  4. jnto_logo
  5. 成田国際空港ロゴ
  6. 不二家ロゴ
  7. 西日本鉄道ロゴ
  8. ローソンロゴ
  9. 東武鉄道 ロゴ
  10. デュアルハンコ
インバウンド動画

注目記事

  1. jnto_logo
  2. 鉄道4社局ロゴ
  3. jnto_logo
  4. ソニーペイメントサービスサムネイル

2015年の市場まとめ

  1. airplane (2)

    2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る