東南アジアアーティストのPVを東北でプロデュース JNTO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本政府観光局(JNTO)は東北6県と連携し、東南アジアにおいて有名なアーティストのミュージックビデオプロデュースを実施することを発表した。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%94%bf%e5%ba%9c%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%b1%80-%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99

この企画は東北ディスティネーション・キャンペーンの一環として、東北運輸局、東北観光推進機構および東北6県と連携したプロジェクト。東南アジア6市場(タイ、シンガポール、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム)から有名アーティストを1組ずつ招請し、制作するミュージックビデオ内に各県の観光魅力を詰め込む。

青森県はマレーシアのSoo Wincci(スー・ウィンチー)、岩手県はフィリピンのSam Conception(サム コンセプション)、宮城県はインドネシアのAfgan(アフガン) 、秋田県はタイのInstinct(インスティンクト)、山形県はシンガポールのGentle Bones(ジェントル・ボーンズ) 、そして福島県はベトナムのDong Nhi(ドン・ニー)をそれぞれ招請する。

撮影は2016年10月より順次スタート。完成した作品はYoutubeをはじめ、各市場のJNTOウェブサイトや出演するアーティストのSNSなどでも幅広く公開していき、東南アジアにおける東北のさらなる認知度向上を図っていく。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る