関西空港駅の販売機能を強化 JR西日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

JR西日本(所在地:大阪市北区、代表取締役社長:来島達夫)は、増加傾向の続く訪日外国人観光客に対応するため、関西空港駅の販売機能をより強化していく方針を固めた。

関西空港駅は、関西エリアや西日本エリアを訪れる訪日外国人観光客の玄関口として利用されており、年々訪日外国人の数が増加している駅の一つ。
こうした状況を受けJR西日本では、すでに平成26年8月から関西空港駅内に「海外からのお客様向け窓口」を設置するなどして対応を進めてきたが、今後もさらに増加する訪日外国人へのサービス拡充を図るため、より販売機能を強化していく方針を固めた。実施内容は以下のとおり。

jr%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac-%e5%8f%82%e8%80%83%e7%94%bb%e5%83%8f

「みどりの窓口」の機能増強について

1. 全ての窓口をワンフロアにし、現在の8窓口から最大14窓口に増設
2. 一部の窓口での宿泊施設の予約が可能に
3. 外国語対応窓口をさらに増やし海外からのお客様対応を充実
4. 英語・中国語・韓国語による操作ガイドを備えた「新型券売機(HT50型)」の増設

尚、実施時期は平成29年3月を予定している。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る