ユニークベニューを活用するMICEへの支援4案件が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

観光庁は「MICEの誘致拡大に向けたユニークベニュー活用促進事業」の第1回選定委員会を開催し、4件の支援が決定したと発表した。

熊本県、香川県、新潟県、愛知県でのMICEが支援対象に決定

今回決定した4つのMICEは以下のとおり。

・5th International Congress on Advanced Applied Informatics 桜の馬場城彩苑(熊本県熊本市)
・ICIA2016 & ICESS2016 栗林公園商工奨励館(香川県高松市)
・第77回応用物理学会秋季学術講演会 ピアBandai(新潟県新潟市)
・国際メトロポリス会議2016愛知・名古屋 熱田神宮(愛知県名古屋市)

今回の4件のMICEに向けては各ユニークベニューにおけるレセプション等の開催に対して1件あたり最大100万円の支援が行われる。尚、公募は引き続き8月31日まで募集している。

ユニークベニューとは

ユニークベニューとは、会議やレセプションなどの会場に活用することで、各MICEに特別感や地域特性を演出することができる歴史的建造物や公的空間のこと。観光庁ではユニークベニューの開発・利用を促進しており、ベストプラクティス集や施設リストなどを公開している

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る