成田空港、国際線として日本初の自動手荷物預け機を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

成田国際空港株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:夏目誠)は、成田空港において、国際線として日本初となる自動手荷物預け機を3月30日に導入する。

成田空港 日本初の自動手荷物預け機を導入

自動手荷物預け機の設置場所は成田空港の第1旅客ターミナル北ウイング4階出発ロビーのDカウンターで、今回は4台設置される。エールフランス航空、KLMオランダ航空、大韓航空、アリタリア-イタリア航空の利用客が利用可能となる。今後は4ヶ月間の試行導入を実施した後に、本格導入を予定している。

自動手荷物預け機の導入によって、利用客が自身で荷物の預け入れの手続きをすることが可能となり、チェックインカウンターに並ばずに手荷物の手続きができるようになる。今後も成田空港では、利用客の手続き時間・待ち時間を短縮する「ファストトラベル」を推進していく。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る