インバウンド向けサイト表示速度測定サービス登場 OPT SEA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オプトグループのOPT SEA Pte.,Ltd.(本社:シンガポール、取締役CEO:岩切 隆吉)は、株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:平林 朗)と連携の上、WEBサイト表示速度測定サービスの提供を開始した。

サービス概要

6月1日より提供を開始した当サービスにおいては、HISが有する海外64か国134都市 217の拠点を活用し、WEBサイト運営者の調査希望対象国における対象WEBサイトの表示速度を測定する。測定後は計測データを含むレポートの他、速度測定時の動画も合わせて納品される。OPT SEAは計測結果をもとに、各国・各地域のネット接続環境に合わせたサイト改修や離脱率の防止対策についての提案も随時行っていく。

OPTSEAレポートイメージ

プレスリリースより

サービス提供の背景

OPT SEAでは、拡大を続けるインバウンド市場において、各企業や組織のホームページの「海外からのつながりやすさ」を知りたいという一定のニーズがあったという。つながりやすさやサイトの表示速度は離脱率に直結することもあるため、改善の余地があると考える企業や組織も存在しそうだ。当サービスは比較的手軽に海外からの接続状況を確認できるツールとして期待される。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る