観光庁が平成30年9月分の旅行取扱状況速報を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

観光庁は平成30年9月分の「主要旅行業者の旅行取扱状況速報」を11日14日に発表した。

日本人による「海外旅行」の総取扱額は約1905億円と前年同月比で2.7%増加した。台風21号により関西国際空港が一時閉鎖するなどの影響から募集型企画旅行の取扱いが減少したものの、受注型企画旅行(団体旅行)は取扱額が増えたことがその要因と予測される。

「外国人旅行(インバウンド向け旅行取り扱い)」にも北海道胆振東部地震などの天災の影響はあったものの、総取扱額は約185億円と前年同月比で11.5%増加。アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアからの個人旅行を中心に堅調な伸びを示している。

その一方で地震と台風の被害を受けた北海道・西日本方面の低調が響いたのか「国内旅行」の総取扱額は約2294億円と前年同月比で8.6%減少した。

<参考>

観光庁HP:http://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000378.html

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る