NTTドコモが企業向け接客翻訳サービスの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社NTTドコモ (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤薫[正しくは旧字体])は法人企業を対象とした翻訳サービス「はなして翻訳 for Biz」の提供を開始した。

サービス概要

「はなして翻訳 for Biz」はスマートフォンやタブレットを利用し、音声を通じて日本語と外国語の間での会話を可能とする「音声翻訳」と、応対頻出フレーズを登録した「定型文機能」を組み合わせた機能を有する。更に、通訳コールセンターにテレビ電話で接続した上で接客対応を行う「オペレーター通訳」についても2016年9月末までに導入する予定。1端末あたり月額500円(税抜)から利用することが可能。オペレーター通訳が利用できるプランはサービスを利用する時間帯によって月額16,000円(午前10時から午後9時)か月額26,000円(24時間対応)となっている。

サービス提供の背景

「はなして翻訳」は、2012年11月より一般消費者の海外旅行用途などを見据えてサービスを提供してきた。昨今、訪日旅行者の劇的な増加を背景としたインバウンド市場の盛り上がりもあり、今回の法人向けサービスの提供に至った。小売業や宿泊業などの接客時に、音声翻訳、定型文機能、オペレーター通訳という3つの機能を有することで、簡単な商品説明から複雑な問い合わせなど、各種シーンにワンストップで対応することが可能になる。これにより、インバウンド対応専門のスタッフを配置するコストを削減できるというメリットも考えられる。

尚、2016年6月中に株式会社ライトオンの一部店舗、並びに2016年7月以降に株式会社良品計画の無印良品の一部店舗で本サービスを導入する予定。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る