東広島市がロボットを活用した観光案内を開始 シャープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役会長兼社長:戴 正呉 以下シャープ)は11月6日、東広島市観光案内所(JR西条駅 2階)にてシャープ製のロボット「RoBoHoN(ロボホン) 、以下ロボホン」を利用した観光案内サービスを始めることを発表した。

ロボホン

シャープ公式サイトより

現在東広島市はIoTを用いた産業振興施策を進めている。施策の一環として増加する外国人観光客に向けて多言語で東広島の観光案内を行うためのコミュニケーションロボットの導入を検討するなかで、シャープのロボホンが採用されることになった。ロボホンはシャープが開発した会話も可能な小型のモバイルロボットである。「日本語」「英語」「中国語(簡体字)」の3言語に対応し、話しかけに応じるほか東広島市の観光地や特産品のガイドもこなす。タブレットとも接続しているので写真や動画を用いた解説もでき、東広島市のPRに利用される予定となっている。

ロボホン 詳細: https://robohon.com/ 

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る