外国人宿泊者過去最多46万5240人 最重点市場設定したアクションプラン奏功 長野|産経ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

典拠:産経ニュース

人口減少社会を支える経済振興策として外国人旅行者の誘致(インバウンド)に期待が集まるなか、昨年に県内で宿泊した外国人は延べ46万5240人で平成11年の調査開始以来、過去最多となったことが分かった。県が県内の宿泊施設に実施した調査結果を集計した。回答したのは1609施設で回収率は53・8%。県山岳高原観光課は「未回答の施設も半数近くあり、実際にはもっと多くの外国人旅行者が県内に宿泊したとみられる」と分析、インバウンドブームの波が県内にも押し寄せていることを実感している。

詳細はこちら (産経ニュース)

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る