欧州15カ国を対象とした訪日促進キャンペーン開始 JNTO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

JNTO(日本政府観光局)は欧州15カ国を対象とした大規模な訪日促進キャンペーンを11月7日より開始した。

伝統と未来

今回のキャンペーンは「日本の伝統と未来」にフォーカスし、「JAPAN―Where tradition meets the future」(日本-伝統と未来が出会う場所)とのタイトルがつけられた。WEB(オンライン)、TV、交通広告、映画館広告といった複数のメディアを通じて日本の魅力を発信していく。コンテンツとしては動画、及び特設サイトを用意している。

欧州向けPR特設

Vinceent Urban氏を起用

今回のキャンペーンのコアを成す動画制作にはドイツ人の映像作家Vincent Urban(ヴィンセント・アーバン)氏を起用した。Vincent氏は累計再生回数が200万回を超える映像作品「In Japan-2015」を制作したことでも知られている。今回の映像ではロケ地に東京、京都、伊勢、熊野などの45か所を選定した。※以下動画は音声が再生されます。

 

欧州15か国がターゲット

今回のキャンペーンの対象市場は英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインの5か国を中心に、スウェーデンやベルギーなどを含めた合計15か国となっている。欧州からの訪日旅行者割合は全体の6.3%程度にとどまっている中、今後の需要喚起に向けて大いに期待されるキャンペーンとなっている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る