ローソン モバイル決済「アリペイ」の利用状況を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社ローソン(本社:東京都品川区 代表取締役 会長CEO:玉塚 元一)は、訪日外国人観光客の更なる利便性向上のため、2017年1月24日(火)より、世界最大級のモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ = Alipay)」の取り扱いをローソン全店舗で開始。利用状況を集計しまとめた。

ローソン モバイル決済「支付宝(アリペイ)」利用状況を発表

同社は、2017年1月24日(火)から2月5日(日)までの13日間のアリペイの利用状況を発表した。訪日外国人観光客数の多い街(札幌、東京、大阪、京都、福岡、沖縄)の店舗を中心に、利用実績のある店舗は全店舗の約3割を占め、全47都道府県に及んだ。

アリペイ累計利用件数、平均客単価は?

中国の大型連休「春節」(旧正月、今年は1月27日~2月2日)前の導入だったこともあり、1日あたりのアリペイ利用件数がほぼ一貫して上昇。2月5日までの累計利用件数は5万2,000件を超えた。平均客単価は800円~900円で、ローソン全体の客単価の約1.6倍だった。

アリペイ利用者、商品購入数ランキング

上記の期間による商品購入数のランキングは下記の通り。
購入商品は、牛乳、おでん、肉まん、飲料水など、日本滞在中に消費される商品が中心だった。その中でも1位と2位となった牛乳は、品質の評判が高く、朝や夜のホテルなどでの飲用が多いことから一番多く購入される商品となった。

1位:牛乳 200ml
2位:牛乳 500ml
3位:おでん(大根)
4位:肉まん
5位:飲料水 2L
6位:飲料水 500ml相当
7位:乳酸飲料 500ml
8位:フライドチキン
9位:バナナ 1本
10位:グミ

訪日外国人観光客のリピーター増加により、日本滞在中の“普段使い”として、コンビニのニーズが拡大している背景があり、同社は免税サービスや外国人に対応した決済手段の拡大、一部商品への英語表記の追加などの対応を進めてきた。
今後もさらに訪日外国人観光客に店舗を利用してもらう為、環境整備に取り組む姿勢だ。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. インバウンドジャパンロゴ
  3. 和傘のイメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る