訪日客需要を狙う雑貨セレクトショップを出店 小田急百貨店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社小田急百貨店(本社:東京都新宿区、取締役社長:樋本達夫)は、小田急線新宿駅地下構内に、自主編集雑貨ショップを出店する。

自主編集雑貨ショップ「STAND by 小田急百貨店」は、5月10日(火)から10月31日(月)の期間限定で出店され、駅利用者や訪日外国人観光客等をターゲットとする。働く男女を対象としたハンカチやストッキング、傘などの商品に加え、食品、化粧品、バラエティ雑貨等の商品を用意する。

小田急STAND by

プレスリリースより

商品の平均単価は1,000円未満とし、気軽に立ち寄る事のできる店舗として利用価値を高めていく。また、訪日外国人観光客が多く利用する環境をふまえ、外国人に人気の有名メーカーの菓子なども用意する。

店舗は年中無休で、営業時間は8時から21時まで。取り扱い点数は1000点を数える予定で、拡大するインバウンド市場の需要を狙う。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る