日本ユニシスが訪日外国人向け接客ナビシステムの実証実験開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡昭良)は、接客ナビゲーションシステム「WaviSaviNavi」の実証実験を開始した。

WaviSaviNaviとは

「WaviSaviNavi」(ワビサビナビ)は訪日外国人観光客に飲食店が対応するための接客ナビゲーションシステム。インバウンド市場を取り込みたい飲食店において、訪日外国人観光客が食事をより楽しめるようにし、また店側の外国語対応などの負担を軽減することを目的としている。具体的には、WaviSaviNaviを導入したタブレット端末を来店した外国人に使ってもらい、母国語で店の食事やサービスが理解できると同時に注文までできるといった機能を備えている。同システムの実証実験は、株式会社板前寿司ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役:中村桂)の運営する板前寿司「新宿東宝ビル店」、および「銀座コリドー店」の2店舗で開始された。

WaviSaviNavi

プレスリリースより

WaviSaviNaviのメリット

同システムのメリットとしては、訪日外国人観光客にとっては母国語で日本の食文化を理解し、店員とコミュニケーションを円滑にとることができるという点があげられる。また、外国人観光客を受け入れる飲食店側にとってのメリットは、来店した訪日外国人観光客に彼ら・彼女らの母国語にて料理の素材や調理方法を伝えることができることや、店のスタイルを理解してもらえることにある。また、外国語が分かるスタッフを雇うコストを減らすことにも繋がる可能性がある他、言語の壁を超えることで潜在的なトラブルを回避できる可能性もある。

今後の展開

今後はAIを活用し、訪日外国人固有のニーズに合わせた推奨を提供する「旅脈レコメンド」の導入や、訪日外国人観光客等が全く日本語を使わずに予約申し込みから受付までを可能にする「スタンプ予約」を取り入れることを目指している他、店の評判を母国にいる外国人の知人とも共有できるようにするSNS連携等も取り入れる予定。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. インバウンドジャパンロゴ
  2. ABCチェックイン説明
  3. インバウンドジャパンロゴ
  4. 住友不動産
  5. 和傘のイメージ
  6. セントレアモバイル決済サービスの様子
  7. 目覚まし画像
  8. onlylady
  9. 調印式の様子近鉄・台鉄
  10. 路線図イメージ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. インバウンドジャパンロゴ
  2. 和傘のイメージ
  3. セントレアモバイル決済サービスの様子
  4. 路線図イメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る