観光客の少ない地域への誘客を促す体験型メニューを開発 京都

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

京都市と京都観光協会はビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安渕聖司、以下 Visa)および株式会社ボヤジン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:髙橋 理志、以下 Voyagin)と連携し、外国人観光客に京都市内全域を周遊してもらうための取り組みを進めることを1月7日に発表した。本取り組みは「とっておきの京都~定番のその先へ~」プロジェクトの一部でもある。

とっておきの京都プロジェクト ロゴ

Visaは訪日観光客向けに情報を発信するサイト「Visit Japan with Visa」を運営しており、相撲観戦など日本のさまざまな旅行体験を販売するVoyaginや京都観光協会の協力のもと、ツアーなど体験型イベントの予約や決済ができるサイトの構築を実施してきた。さらに伏見の日本酒試飲体験といった新しい企画の立ち上げも手がけており、メジャーな観光地以外でも京都の魅力を楽しめるイベントの開発も進めている。新設された体験型イベントはサイト内で順次販売されており、Visaカードで決済することによって5%の割引が適応される。

京都市及び京都市観光協会は今後も情報発信を強化し、旅行者の一極集中による混雑の緩和や、まだ観光客が少ない地域への訪日観光客誘致にも取り組んでいく。

キャンペーンサイト:https://www.govoyagin.com/ja/pages/visa-kyoto

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る