5Gを活用した安全サービスの応用実証に成功 羽田空港

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(本社:京都府相楽郡、代表取締役社長:浅見 徹、以下 ATR)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏、以下 パナソニック)、早稲田大学(本部:東京都、早稲田大学総長:田中 愛治)、京浜急行電鉄(本社:東京都港区、代表取締役社長:原田 一之、以下 京急電鉄)は、「5G」を活用した応用実証に成功したことを1月10日に報告した。国際空港の駅ホーム内における実験の成功は国内初となる。

5Gは次世代移動通信システムのことで、既存の端末では難しかった4Kなど高精度画像のリアルタイムな伝送も可能にする技術である。通信の高速化によって映像のスピーディな分析もできるようになるため、駅におけるセキュリティ面の向上といった視点からも注目されている。今回の実験は2018年11月21日から12月21日までの期間に京急電鉄「羽田空港国際線ターミナル駅」にて実施された。主な実験内容は以下の通り

  • 駅ホームに設置した固定カメラと見回りロボットにて撮影した4Kカメラの映像を、5Gを通じてモニターやVRゴーグルに向けて送信
  • 従来の2K映像では発見できなかった刃物の4K映像の分析による検知や、不審者に対する見回りロボットの対応
  • 5Gタブレットを利用した同時翻訳や、4K画質による観光案内映像の配信

プレスリリースより

次世代移動通信システムが駅のホームなどインフラに導入されることで、インバウンド受け入れのための対策がさらに整えられることが期待される。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る