金沢の百貨店に外貨建てカード決済を導入 三菱UFJニコス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

三菱UFJニコス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上治夫)は金沢の地場百貨店「めいてつ・エムザ」に訪日外国人向け外貨建てカード決済サービスを導入した。

めいてつ・エムザはJR金沢駅と兼六園を結ぶ市の中心部、武蔵ヶ辻に位置している地上8階・地下1階の地場百貨店。立地のよさから訪日外国人観光客の来店も増えているという。これまでに決済関連のインバウンド対策としては既に銀聯カードの導入を実施していたが、今回は新たに海外発行カード(VISAとMasterCard)による外貨建て決済を可能とするDCC(ダイナミック・カレンシー・コンバージョン)決済サービスの導入を決めた。DCC決済サービスでは購入者がその場で自国の通貨等を指定して決済することができる為、自国通貨での購入額を決済時点で知ることができる。尚、対応通貨は 米ドル、韓国ウォン、豪ドル、台湾ドル、ユーロなどを含めた19通貨となっている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る