2017年のインポートブランド市場は好転 矢野経済研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月21日に矢野経済研究所(本社:東京都中野区, 代表取締役社長:水越 孝)は2017年におけるインポートブランド市場の調査結果を発表した。国内インポートブランド(主要15アイテム分野)の小売市場規模は2兆2,999億円で、規模の縮小が見られた2016年から一転してプラスとなった。この背景には富裕層をメインとした日本人需要の推移と、インバウンド需要の増加が影響したためと推測されている。

プレスリリースより

加えて2017年は1980年代~1990年代後半に生まれ、2000年あたりに社会に出てきたミレニアル世代向けの販売戦略が加速した年でもあった。ブランド側の新戦略がミレニアル世代のみならず従来の顧客の購買意欲も高め、マーケットの活性化につながったのではと考えられている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る