『日本の旬』キャンペーンの対象が国立公園に JTB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2018年7月24日、株式会社JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋 広行)は、国内向けキャンペーン『日本の旬』における2019年度上期(4月~9月)の対象を「国立公園」にすると発表した。

株式会社JTBは1998年10月から「日本の魅力の再発見」をテーマに、地域の新たな魅力を国内外に発信していく『日本の旬』という取り組みを実施してきた。これまでは特定のエリアを取り上げていたが、今回は初の試みとして全国8ヶ所の「国立公園」を対象としている。

伊勢志摩国立公園

プレスリリースより

現在環境省は世界中の旅行者を日本の国立公園にを誘致するために「国立公園満喫プロジェクト」を推進している。株式会社JTBはオフィシャルパートナー企業として国立講演満喫プロジェクトに参画しており、本キャンペーンを通じて国立公園ならではの過ごし方や魅力、自然との共生が育んだ独特な日本文化を発信していく予定だ。JTBの『日本の旬』キャンペーンを通じて日本の国立公園のブランド化、地域活性が促進されることが期待される。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る