600以上の商業施設にて銀聯カードを順次導入 JRタワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

札幌駅総合開発株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:佐藤和博)はJRタワーにある各商業施設における約600以上の店舗に銀聯カード決済を順次導入する。

今回の銀聯カード決済の導入については、10月25日よりまずは「アピア」から導入を開始する。その後「エスタ」「パセオ」「札幌ステラプレイス」と順次導入を進めていき、中国人観光客をはじめとした訪日外国人の利便性向上を狙う。

JRタワーではこれまでも免税対象店舗の拡大、Wi-Fi環境の整備、通訳サービスの導入などとインバウンド市場に向けたサービス拡充を図ってきている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る