インバウンド市場統計値 2016年5月訪日外客数

日本政府観光局(JNTO)は6月15日、2016年5月分の訪日外客数(推計値)を発表した。インバウンド市場において、先月に続いて熊本地震の影響が出ているかどうか、又、低下を続ける前年同月比伸び率の推移などが注目される。

前年同月比15.3%増の189万4千人

今回発表された2016年5月分の訪日外客数(推計値ベース)は前年同月比15.3%増の189万4千人となり、5月としての過去最高を更新した。航空路線の拡大やクルーズ船の寄航増加、更には継続して展開されている訪日旅行プロモーションなどが訪日外国人観光客数の増加傾向に寄与していると考えられる。

訪日外客数2016年5月

尚、2016年1-5月の合計値は972万8千人となり、昨年の同期間を約29%上回っている。

訪日外客数1-5月

5月としての単月過去最高記録を更新した2016年5月であったが、2016年前半の傾向である「前年同月比伸び率の低下」は継続している。2016年5月の「前年同月比伸び率」は15.3%となり、2015年平均の半分以下の水準となっている。2016年はこれで2月・3月・4月・5月の前年同月比伸び率が2015年平均を下回って推移していることになる。引き続き、短期間で急成長を遂げているインバウンド市場に落ち着きが見え始めているかたちだ。訪日外客数前年同月比伸び率2016年5月

国別ランキング

2016年5月の市場別ランキングにおいては、先月と同様に中国が1位で、2位台湾、3位韓国と続いた。

1 中国 50.7万人
2 台湾 37.6万人
3 韓国 30.2万人
4 香港 14.0万人
5 米国 11.2万人
6 タイ 8.5万人
7 フィリピン 3.7万人
8 マレーシア 3.7万人
9 豪州 3.0万人
10 シンガポール 2.9万人

上位3カ国の推移をみると、中国および台湾は熊本地震の影響は軽微に留まっているが、韓国市場においては相応の影響が出ていることが見て取れる動きとなっている。

訪日外客数上位3カ国2016年5月

次ページ >> 【個別市場の動向、次回発表分】

ページ:

1

2
メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. カレンダー
  2. 百貨店
  3. 飛行機
  4. シングルルームのイメージ
  5. 和装レンタカーサイトイメージ
  6. HAPPY GO Tポイントカードのイメージ
  7. INBOUNDREPORT2017.4
  8. 観光庁 ロゴ
  9. 和食
  10. card-pay-image
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. 和装レンタカーサイトイメージ
  2. HAPPY GO Tポイントカードのイメージ
  3. 和食
  4. card-pay-image

2015年の市場まとめ

  1. 2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る