インバウンド市場統計値 2016年5月訪日外客数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前ページ << 【2016年5月訪日外客数】

個別市場動向

2016年5月の上位15市場のグラフ、及び上位国の動向は以下の通り。

市場別訪日外客数2016年5月

中国は2ヶ月連続50万人超え

中国市場は前年同月比31.0%増の50万7千人となり、前月に続いての50万人超えとなった。クルーズ需要が引き続き堅調で、航空座席供給量の拡大や個人旅行需要の増加も寄与している。一方、熊本地震の影響は軽微に留まっており、引き続き堅調な推移となることが期待されている。

台湾は堅調に推移

全体で2位の台湾市場は前年同月比10.5%増の37万6千人となり、5月としての過去最高を記録した。新たな訪日クルーズの催行や、LCCによる特別キャンペーンなどによって訪日旅行需要が盛り上がったかたち。

韓国は前年同月比でマイナスに

全体で3位の韓国市場は前年同月比4.2%減の30万2千人となった。前年同月比がマイナスとなるのは2014年の6月以来初めて。旅行会社の中には5月まで九州行き商品の募集を中止していたこともあるなど、熊本地震の影響が引き続き出ていると考えられる。6月以降の訪日需要回復が期待される。

その他の市場

その他の市場においては、韓国・ロシアを除く17市場において5月としての過去最高の数字を更新。又、インドが単月として過去最高を記録しており、市場全体としては引き続き堅調な推移が継続している。

次回発表分統計値

次回発表分となる6月は夏休みバケーション前ということで狭間の期間となるが、6月下旬に福岡市にて開催予定の「第99回ライオンズクラブ国際大会」では10,000人程度の訪日外国人が参加することが見込まれており、訪日外客数の押し上げ要因となりそうだ。又、2月・3月・4月・5月と前年同月比の伸び率が低下を続けているが、6月には持ち直す動きが出てくるのか注目される。次回は7月20日16時に6月分の推計値が発表される予定である。

ページ:
1

2

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る