医療現場でのハンズフリー多言語音声翻訳の実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

国立研究開発法人情報通信研究機構(本部:東京都小金井市、理事長:坂内正夫、以下NICT)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也)は医療現場における多言語音声翻訳の実証実験を2016年11月から開始する。

ハンズフリー多言語音声翻訳イメージ

今回の実証実験は東京大学とNICTが「総務省委託研究開発・多言語音声翻訳技術推進コンソーシアム」の取り組みの一環として2015年10月より行っている多言語翻訳の臨床試験に富士通が加わって実施するもの。訪日外国人の増加に伴って、病院を訪れる外国人患者が増加していることが背景にある。今回の実証実験ではNICTが開発した多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra」の技術を基に、医療分野の専門用語を強化したシステムを活用する。騒がしい環境においても人の声を判別して翻訳の開始と終了の検出ができる音声解析技術と、話者の位置を音声により認識して適切な言語に自動で切り替えるハンズフリー技術を用いている。まずは英語での実験を開始し、成果を踏まえて中国語などへの言語展開を予定している。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る