国内初、ドンキホーテが外貨7通貨によるレジ決済サービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ドンキホーテが外貨7通貨によるレジ決済サービスを開始。2月18日(水)より全国の20店舗でまずは開始する予定。対象通貨は以下の通り。 中国元 台湾ドル 韓国ウォン タイバーツ 香港ドル 米国ドル ユーロ 具体的なソリューションはドンキホーテグループのアクリーティブ株式会社が提供する。  

ドン・キホーテグループは『顧客最優先主義』を企業理念としており、「自国の通貨で精算したい」・ 「自国の通貨と混ぜて、日本円を使い切りたい」という訪日外国人観光客のお客さまの声から生まれた 新しいサービスです。

※プレスリリースより   ドンキホーテはこれまでもインバウンド事業には力をいれており、専用の免税カウンター、専用のコールセンター、まとめ買いサポート(空港配送サービス)などの施策を取り入れてきている。今後もインバウンド対策ソリューションを随時導入していく模様。  

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る