昇龍道プロジェクトが観光スタンプラリーを実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

国土交通省中部運輸局は17日、昇龍道プロジェクトにおいて観光スタンプラリーを実施すると発表した。実施期間は2月19日(金)から3月21日(月)までの32日間。

当企画はスタンプラリーパスポートに、各地でもらえるスタンプを集めると、スタンプ数に応じてノベルティがもらえるというもの。スタンプラリーパスポートは中部国際空港(セントレア)の国際線到着ロビー、及び協力観光施設にて配布され、ノベルティの引き換えは中部国際空港の国際線到着ロビーにて行う。当スタンプラリーパスポートには各地域の歴史や伝統文化などの観光情報が記載されており、ガイドブックのような役割も担う。また、訪問先の観光施設には指差し確認用パウチシートが設置されており、受け入れを円滑に行える体制がとられている。

昇龍道スタンプラリー

各地域でのスタンプ (プレスリリースより)

協力観光施設には愛知県のトヨタ博物館や岡崎城、岐阜県の飛騨高山観光案内所や白川郷観光案内所、三重県の伊勢志摩観光案内所や名古屋市の名古屋城などの計20箇所となっている。尚、当企画は主に香港及び台湾からのFIT(海外個人旅行者)をメインターゲットとして展開する。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る