荷物一時預かりシェアリングサービスが関西でスタート ecbo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ecbo株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:工藤慎一)は31日、運営する荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」のサービスを関西で展開すると発表した。同サービスは、カフェやショップを荷物預かり所にし「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」とをつなぐシェアリングサービス。先月4月26日に関西では初となる京都でオープンし、このたび大阪エリアでも正式にサービスを開始した。

ecbo-businessmodel

プレスリリースより

今回のサービス開始の背景には、手荷物を預けれる場所の不足の課題がある。大阪を訪れる訪日外国人は増加傾向にあり、昨年は941万人が大阪を訪れた。今後の更なる市場拡大も期待されているが、同社によると新大阪・なんば・心斎橋など主要な駅の全コインロッカーのうちスーツケースが入るサイズのものは約300個しかないと言う。結果として荷物を預けたくても預けられない訪日客が多いと同社は判断。このような課題を解決するために、同社では道頓堀や新世界などのグルメスポットや、黒門市場の近辺に加盟店を多数配置。同社は今後も、旅行者の快適な観光を支援していく。

 

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る