ドラッグストアでの4月のインバウンド購買件数及び購買単価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉裕之)は25日、ドラッグストアにおけるインバウンド消費動向を発表した。

今回発表されたのは、2017年4月のドラッグストアにおけるインバウンド消費動向調査の結果。4月に単月として過去最多の訪日外国人数を記録したのに伴い、ドラッグストアでのインバウンド消費購買件数も、前年同月比4.5%増と好調に推移した。

2017年4月ドラッグストアの売り上げグラフ

インバウンド消費の購買件数推移(1店舗あたりレシート枚数/単位:枚)/プレスリリースより

一方で1レシートあたりの購買単価は14,688円となり、前年同月(2016年4月)の15,302円に届かず、約4%減の結果に。購買単価は15,000円目前で足踏みが続いている状態である。

同社はこれらの結果より、「爆買い」から訪日外国人数増加に伴う観光客消費へとドラッグストアのインバウンド購買は変化していると分析。今回発表された売り上げ個数の上位商品には洗顔料やUVケア、リップクリーム、目薬などがランクイン。日本の化粧品系有名ブランド製の商品に人気が集中している。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る