ローソンがAlipay決済を順次導入 – インバウンド消費への対応を加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社ローソンは1月25日よりAlipay決済を順次導入していくと発表した。まずは中国の大型連休「春節」にあわせてインバウンド需要が高い9店舗に導入する。

今回先行的に導入する9店舗は成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港などの空の窓口、及び外国人観光客の利用が多いホテルが対象となっている。その後はこれら9店舗での利用状況を確認しつつ、全国に展開していく。

尚、ローソンではインバウンド対応を加速させており、以下の対応を展開している。

  • 海外で発行された主要クレジットカードの利用受入
  • おにぎり商品のパッケージの多言語化 (英語) ※今後は他の商品にも拡大予定
  • 5店舗にて免税対応を実施 ※2016年中に100店舗以上に拡大予定
  • 一部店舗でのSIMカード販売や外国人向け商品の強化

Alipayとは?
実名認証のユーザーを4億人以上かかえる世界有数の決済プラットフォーム。中国国内に55万店、海外に5万店の加盟店を有する。決済時にはスマートフォンの画面に決済用のバーコードを表示することで決済が可能。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る