サトーホールディングスが旭川市のインバウンドおもてなしサービスに参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自動認識ソリューションを提供するサトーホールディングス株式会社は、北海道旭川市による NFC タグを活用した多言語での観光情報提供サービスに参画する。同サービスにおいては、Inter WAMI Systems ltd、及びKDDI株式会社と連携する。

同サービスでは旭川市の西武旭川店 A 館前にある案内看板に2種類のNFCタグを設置する。訪日外国人はNFCに対応するスマートフォンをかざすだけで、旭川市の多言語による観光案内ホームページやバス情報サイト(現状は日本語のみで今後多言語に対応予定)に手軽にアクセスができる。また、QRコードも表記しており、コードを読み込むことで各種情報サイトにもアクセスできる。

サトーホールディングスはこのNFCタグの表面デザイン、及び製造を手がける。サトーホールディングスのNFCタグは屋外案内板に貼付できるプラスチックカード仕様で、耐久性に優れる。尚、スマートフォンに配信する観光情報はKDDI が提供するプラットフォームが一括管理し、アクセスログの管理等も担う。

サトーホールディングス旭川市での取り組み画像

案内看板とNFCタグ利用時のイメージ

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る