昭文社が多言語対応の地図配信サービスをスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社昭文社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒田茂夫)は、新多言語地図配信サービス「MappleAPI 多言語マップ(ベクトル配信型)」を開発した。

「MappleAPI 多言語マップ(ベクトル配信型)」はクライアント端末からのリクエストに応じ、インターネット経由で多言語地図を配信するASPサービス。英語、中国語繁体字、中国語簡体字、韓国語、タイ語の5言語に対応する。昭文社はこれまでのガイドブック作成や地図の出版、訪日外国人旅行客向けサービスなどから得たノウハウを活かし、外国人にもわかりやすい地図表現を追求した。一方で外国語翻訳表記と日本語表記を常に併記することで、日本人が地図を見ながら訪日外国人観光客に道案内をするシーンなども想定してデザインされているのも特徴の一つとなっている。観光用途に限らず、外国人に向けて多言語で地図を配信したい自治体や法人などでの活用を見込んでいる。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る