訪日外国人SNS投稿ランキング (観光名所編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社RJCリサーチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川田隆太)と株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石川豊)は、第2回「インバウンドレポート」を発行した。

インバウンドレポートについて

本レポートはナイトレイの訪日外国人SNS解析ツールである「inbound insight」により解析したデータをもとに、RJCリサーチが集計・分析を行って発行する共同レポート。今回は2016年1月から3月期のレポートとして、SNSのウェイボーやツイッターで訪日外国人観光客が日本滞在中に投稿した、約25万件の解析結果データを集計対象に、観光名所などの投稿発信地点を分析した。

観光名所の投稿数トップ圏

今回のレポートで発表されたランキングの内、「観光名所編」の投稿数トップは周囲に古い街並みと伝統の香りを残す、雷門で有名な浅草寺。訪日外国人からの根強い人気が確認された。投稿数2位の大阪城は、歴史的建築物であると同時に、桜と梅の名所でもある。まさに西の横綱級人気である。日本最高峰の富士山は、投稿数第3位のSNS発信地点としてランクインしている。尚、春のイベントとしては最もにぎわう「花見」の名所としては、観光名所編投稿数2位の大阪城を筆頭に5位の上野公園、10位の皇居、13位の新宿御苑、14位の奈良公園などがランクインした。また、同時に発表されたレジャー・飲食・商業施設編ではUSJを筆頭に日本を代表するテーマパークが多くランクインした。

 順位 観光名所編 レジャー・飲食・商業施設編
1 浅草寺 USJ
2 大阪城 東京ディズニーランド
3 富士山 東京タワー
4 稲荷伏見大社 東京ディズニーシー
5 上野公園 東京スカイツリー

発信頻度の増加する時期

外国人観光客の投稿が急増する時期は、初詣客が最も集中する正月三が日の間と、桜と梅の花見ができる三月末となっている。浅草寺や観光名所編投稿数8位で初詣参拝客日本一の明治神宮では、初詣が最も賑わう正月三が日に投稿量が最も多くなっている。一方、大阪城は花見のできる三月末の桜と梅の開花時期に、投稿数が多くなっている。尚、初詣客で賑わい、日本のお正月体験を味わえる投稿数トップの浅草寺では、着物姿の女性やおみくじの写真も投稿されている。

中国人に大人気、アニメの聖地で初詣

観光名所編投稿数20位の神田明神は、アニメ「ラブライブ」の聖地であり、初詣と聖地巡礼が同時にできるスポット。投稿の9割を中国人がしめており、中国におけるラブライブの人気ぶりが垣間見える。その他、中国人の投稿数が9割を超える発信地は、観光名所編投稿数第9位の琉球王国遺跡、第12位のお台場海浜公園、第16位の東京大学の合計4地点もあげられている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. インバウンドジャパンロゴ
  3. 和傘のイメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る