銀座、新宿、表参道にて中国語での案内を開始 東京メトロ

東京メトロ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:奥義光)は訪日外国人観光客に頻繁に利用される都内の3つの駅に、中国語での案内が可能なスタッフを新たに配置した。

これまでの英語に加えて中国語での情報提供を拡充

新たに中国語での案内が可能なスタッフが配置されたのは、銀座駅、新宿駅、表参道駅の3駅。これまでも英語での案内は提供していたが、増加を続ける中国人観光客への対応も拡大させる為に今回の対応に踏み切った。毎日、9時15分から17時15分までそれぞれ1名が配置される。

東京メトロ中国語スタッフ

都内の留学生を活用

今回、中国語での案内を対応するのは日本語と中国語が堪能な首都圏の大学に留学している学生。主に、近隣エリアのホテルや外貨両替所などの情報、乗り換え情報、並びに空港や箱根・日光などの人気エリアへの広域観光情報等も提供していく。拡大するインバウンド市場において、交通サービス以上の情報提供を拡充し、訪日客の満足度を向上する。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. jnto_logo
  2. 宮城県南DMO
  3. jnto_logo
  4. 99+1イメージ
  5. SAKURA COLLECTION
  6. 訪日客需要見込むガシャポン公式店 東京駅地下にて開店
  7. 訪日観光客SNS投稿ランキング発表 USJが1位
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. jnto_logo
  2. 東武百貨店 首都圏最大級の工芸品展開催 訪日客も集客
  3. 観光庁 ロゴ
  4. jnto_logo

2015年の市場まとめ

  1. 2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る