福岡県大川市と八芳園が包括的連携協定を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社八芳園(本社:東京都港区白金台、代表者:長谷晴義)は6日、福岡県大川市との包括的連携協定締結を発表した。

大川市は、福岡県南西部、佐賀県との県境に位置する人口約35,000人の町。家具や建具などの木工関連産業が集積しており、木工の町とも呼ばれている。

同社と大川市はこれまで、大川の職人と開発した移動型組み立て式茶室「無常庵 MUJYOAN」や、移動型組み立て式やぐら「KAGURA」、大川市が持っている木工体験・組子体験など訪日外国人に向けた日本文化体験づくりを行ってきた。

今回の協定には、同社と大川市が伝統工芸をはじめとしたブランドに関する内容や、観光振興に関する内容が盛り込まれている。

今回の協定締結により、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて両者が相互に連携することで、福岡県大川市のプロモーションや交流人口の拡大、及び訪日外国人に向けた八芳園の日本文化体験の提供等を通じて、地域活性化を向上させることが期待されている。

移動型組み立て式茶室「無常庵 MUJYOAN」

プレスリリースより

移動型組み立て式櫓「かぐらKAGURA」

プレスリリースより

セルフ型すき焼き重箱

プレスリリースより

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る