富士山どっち?機内から見える富士山の方向を確認 JAL

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木義晴、以下JAL)は海外地区ホームページにおいて、国内線の機内から富士山がどちらの方向に見えるかを案内するページ「富士山どっち?」を公開した。

富士山どっちメイン

富士山どっち?とは

今回の新しいページは世界26地域・12言語で利用されている海外地区ホームページ内に、日本語、および英語の2言語にて公開される。知りたい路線と時間帯(朝・昼・夕・夜)を選ぶと、富士山が見える方向を教えてくれる、という機能。なお、当ページのコンテンツには、富士山の位置を示すだけではなく、機内から見える富士山についての「よくあるご質問」も掲載している。

富士山どっちエリア選択

富士山どっち結果

ページリリースの背景

「富士山どっち?」はJALの国内線利用者からの「富士山はどちら側に見えるのか?」という多数の要望にこたえるかたちで追加したページ。特に、2013年6月に富士山が世界遺産に登録されてから訪日外国人観光客からの問い合わせも増えていた。今後も拡大が見込まれるイバウンド市場において、日本を代表するコンテンツである富士山についての「機内における知りたい」にこたえるページとなっている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. 宮城県南DMO
  2. jnto_logo
  3. 99+1イメージ
  4. SAKURA COLLECTION
  5. 訪日客需要見込むガシャポン公式店 東京駅地下にて開店
  6. 訪日観光客SNS投稿ランキング発表 USJが1位
  7. 世界初1000万円の超高級便器を販売 訪日外国人にPR
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. jnto_logo
  2. 東武百貨店 首都圏最大級の工芸品展開催 訪日客も集客
  3. 観光庁 ロゴ
  4. jnto_logo

2015年の市場まとめ

  1. 2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る