ターゲット国の嗜好を理解したキャスティング

マスやwebの広告に頼らないプロモーションにおいては、予算の制限もあり、ターゲットにピンポイントに刺さるコンテンツが重要です。インバウンドにおけるプロモーションにおいては、海を渡るので特に「異国の嗜好」を理解することは極めて重要になります。

本日インナビでは以下のニュースを報じました。

JTBがタイで人気のKAZUMIとインバウンド事業の専属タレント契約を締結

KAZUMIさんの主な経歴は以下の通り。

2006年:ヤマハボーカルオーディションで優勝。
2007年3月:クラウン・レコードから『純情サクラ吹雪』をリリース。
2007年6月:エピック・レコード(ソニー)から『BLACK&WHITE』をリリース。
2012年3月:バンコクで開催された「Thai Japan Anime and Music Festival 2」出演。
2012年9月:バンコクのGATEWAY EKAMAIでソロコンサート開催。
2013年3月:バンコクで開催された「Thai Japan Anime and Music Festival 3」に出演。
2014年12月:タイで最大のカウントダウンイベントAIS BANGKOK COUNT DOWN SAWASDEE 2015 @ central worldに日本人として初出演を果たす。

kazumisanpic

引用:https://www.facebook.com/kazumi.singer/timeline

 

タイに関する経歴を中心に抜粋させて頂きましたが、タイでの露出は頻度、規模ともに上がってきている模様。それと共に消費者における認知度や人気も上がっているようで、KAZUMIさんのFacebookにおけるコメントはタイ語によるものが約半数を占めています (タイ語での投稿が多い、というのも理由でしょうが)。KAZUMIさんのFBページはこちら

JTBさんがどのようにKAZUMIさんを知るようになったのかは分かりませんが、タイ語ができて、現地での認知度も相応にあり、日本のコンテンツと紐づいている(KAZUIMさんはアニメソングを歌う)、と三拍子そろっているキャスティングは素晴らしい。今後の具体的な取り組みにも注目したいですね!

インバウンドへの取り組みにあたってはターゲット国の選定が重要ですが、一歩踏み込んで、その国の嗜好を理解し、どういったコンテンツやキャストが刺さりやすいのかをイメージすると、自社サービスのどういった点をアピールしていけば良いかが理解でき、何が足らないのかも見えてくるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. jnto_logo
  2. japanweeklogo
  3. 鉄道4社局ロゴ
  4. jnto_logo
  5. 成田国際空港ロゴ
  6. 不二家ロゴ
  7. 西日本鉄道ロゴ
  8. ローソンロゴ
  9. 東武鉄道 ロゴ
  10. デュアルハンコ
インバウンドビジネス総合展
インバウンド動画

注目記事

  1. jnto_logo
  2. 鉄道4社局ロゴ
  3. jnto_logo
  4. ソニーペイメントサービスサムネイル

2015年の市場まとめ

  1. airplane (2)

    2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る