ミニストップがUnionPay(銀聯)カードの取り扱いを開始

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:宮下直行)は訪日中国人観光客に向けた決済サービス「UnionPay(銀聯)カード」の取扱いを開始した。

銀聯カードロゴsmall

今回UnionPayを導入する店舗はミニストップの国内全店舗(2016年7月末時点で2,217店舗)。中国の大型連休である「国慶節」を控えるこのタイミングで導入を決めた。UnionPayは2015年末時点で中国国内で55億枚発行されている国際ブランドカード。この内50億枚がデビットカードとなっているが、日本を含めた160以上の国と地域で利用が可能である。今後も拡大が期待されるインバウンド市場において、現金、クレジットカードと共に「デビットカード」にも対応することで、訪日外国人観光客の利便性向上を狙う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. 鉄道4社局ロゴ
  2. jnto_logo
  3. 成田国際空港ロゴ
  4. 不二家ロゴ
  5. 西日本鉄道ロゴ
  6. ローソンロゴ
  7. 東武鉄道 ロゴ
  8. デュアルハンコ
  9. 日本旅行 ロゴ
  10. 観光庁 ロゴ
インバウンド動画

注目記事

  1. 鉄道4社局ロゴ
  2. jnto_logo
  3. ソニーペイメントサービスサムネイル
  4. 欧州向けPR特設

2015年の市場まとめ

  1. airplane (2)

    2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る