訪日外国人の利便性向上へ、NECが新しい自販機向けソリューションを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NECは決済端末1台で国内の各種電子マネー、およびグローバルな決済手段に対応する自動販売機向けの決済ソリューションの販売活動を開始した。これは業界では初の製品化になる。

当ソリューションでは磁気ストライプ、接触IC、非接触ICの各種クレジットカードやデビットカードなどに対応が可能になる。昨今、訪日外国人旅行者からの利用が増えているQRコードを利用したオンライン決済への対応も予定している。

また、従来では決済端末と通信モデムを個別に購入する予定があったが、当ソリューションではこれらを一体化しており、自動販売機への取り付けの簡易化、並びに導入費用の低減を実現した。

NECでは当ソリューションの販売目標を2019年までに10万台、と設定している。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る