災害時対応も考慮した外国語接客アプリがリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社アクティバリューズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:陳 適)は外国語接客アプリ「talkapp-i(トーカッピ)」ホテル版、旅館版の提供を10月28日より開始した。

talkappi

talkapp-iはアプリの画面を介し、店舗側とお客様側が対談しているようにコミュニケーションがとれる外国語接客支援アプリ。今回はホテル版、旅館版となっており、それぞれの業務に特化したコンテンツが用意されている。対応言語は英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、タイ語の計5か国語。施設名や施設案内などの詳細を無料でカスタマイズできる点や、月額980円という低価格も特徴的なアプリとなっている。

また、talkapp-iは「地震発生中」「地震発生直後」「緊急避難」「初動対応」などの状況において日本語、英語、中国語、韓国語にて災害放送内容の再生を実施することも可能となっている。訪日外国人の安全にも配慮した機能を盛り込み、他の接客アプリとの差別化も狙う。尚、現在は先着300社限定で初期費用0円キャンペーンを実施中。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る