コンビニの免税店本格参入で小売業界はこれまで以上に緻密なマーケティング活動が求められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マイナビニュースさんの 『コンビニが免税店に – セブン&アイホールディングスが描く、インバウンドサービスのビジョンとは?』 というインタビュー記事は今後のインバウンド市場における小売業界の熾烈な争いを予感させる記事であった。

インバウンド消費を巡っては、商品ジャンルにもよるがドラッグストア、ディスカウントストア、専門店、百貨店などがしのぎを削っている。記事内でも触れているが、24時間営業や無料Wi-Fiの完備などが強みのセブンイレブンが本格参入することで、小売業界でのインバウンド消費獲得の勢力図はどうなっていくのだろう。

勿論、コンビニ以外の小売店としては、価格での違いや品ぞろえなどでコンビニに対抗していくであろう。また、団体客への対応という点ではコンビニはやはり不利なので、今後増加が見込まれるFITをコアターゲットにしていくのであろう。各業態がどのターゲットにどのように自社の強みをアピールしていくのか。まさに緻密なマーケティング活動が今後のインバウンド市場においては求められてくる。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る