三菱UFJニコスが「MARINE & WALK YOKOHAMA」に外貨建てカード決済サービスを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

三菱UFJニコスは3月4日に開業する商業施設「MARINE & WALK YOKOHAMA」に訪日外国人向けの外貨建て決済サービス「DCC (ダイナミック・カレンシー・コンバージョン)」を導入する。開業と同時に各テナントで同サービスを提供することになる。

DCC決済サービスでは購入者がその場で自国の通貨等を指定して決済することができる。その為、自国通貨での購入額を決済時点で知ることができるという利点がある。対応通貨は 米ドル、韓国ウォン、豪ドル、台湾ドル、ユーロなどを含めた19通貨となっており、海外で発行されたVisa、及びMasterCard(R)のカード会員によるカード決済が対象となる。

尚、「MARINE & WALK YOKOHMA」は三菱商事都市開発株式会社が開業する施設で、地下1階・地上2階(一部は地上5階)建てのショッピングセンター。「横浜赤レンガ倉庫」に隣接する新港地区に位置しており、開業時は25店舗が出店する。

 

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る