三菱UFJニコスが横浜ベイクォーターに訪日外国人向け外貨建て決済サービスを導入

三菱UFJニコスは横浜駅東口エリアにある「横浜ベイクォーター」に、訪日外国人向けの外貨建てカード決済サービス「DCC(ダイナミック・カレンシー・コンバージョン)決済サービス」を導入した。利用者は2月24日以降、同施設のテナントでサービスを利用できる。

導入するDCC決済サービスはクラウド型マルチ決済システム「J-Mups(ジェイマップス)」で実現。今回は実に約100店舗もの施設に導入することになる。DCC決済サービスでは購入者がその場で自国の通貨等を指定して決済することができる為、自国通貨での購入額を決済時点で知ることができる。

対応通貨は 米ドル、韓国ウォン、豪ドル、台湾ドル、ユーロなどを含めた19通貨。海外で発行されたVisa、及びMasterCard(R)のカード会員によるカード決済が対象となる。

尚、「横浜ベイクォーター」は地上8階・地下2階建ての大型ショッピングセンターで、客船に見立てた佇まいなどで高級感とリゾート感覚を提供している。昨今著しく増加している訪日外国人へのサービス拡充に注力しており、今回の外貨建てによるカード決済サービスの導入を決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. 鉄道4社局ロゴ
  2. jnto_logo
  3. 成田国際空港ロゴ
  4. 不二家ロゴ
  5. 西日本鉄道ロゴ
  6. ローソンロゴ
  7. 東武鉄道 ロゴ
  8. デュアルハンコ
  9. 日本旅行 ロゴ
  10. 観光庁 ロゴ
インバウンド動画

注目記事

  1. 鉄道4社局ロゴ
  2. jnto_logo
  3. ソニーペイメントサービスサムネイル
  4. 欧州向けPR特設

2015年の市場まとめ

  1. airplane (2)

    2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る